“the Tokyo U-club”は、首都大学東京の掲げる「大都市における人間社会の理想像の追求」
という理念に共感し、その実現のために企業・個人に関らず協力支援して行こうとするものです。

 
首都大学東京が真の意味で東京という地域社会の知的資産となる大学となり、
歴史と伝統に彩られた巨大都市が持つシンボルとして、更に、都民が世界に誇る知財資産として
発展しつづけることにほかなりません。学生に東京という大いなる資源を解放し社会との
濃密な接触の中で学習する場を提供し、大学と共に知的プロジェクトを展開。
その結果、具体的な文化創出へと結びつけることを目指します。 
 
首都大学東京が標榜する「不断の改革」に実体と方向性を与え、時代の要請に応じて組織を
改革し続けること、大学に課する義務と権利を正当評価し、実態に即した改善のための提言
を行い、大学の活動を見守り続け、大学を真に誇り得る知的地域資産として育て得ると考えます。
こうしたコミュニケーションなくしては大学の健全な発展はあり得ないと考えます。
 
我々は、首都大学東京を東京の誇りとして語れる知のシンボルとして育成していくために、
その活動を側面から支援する志を持つ人々と大学とのインターフェースを果たす場として、
“the Tokyo U-club”の設立をここに宣言します。

 

 
・懸賞論文の実施及び学生の表彰
・ボランティア保険の保険料を全額負担。
・各キャンパスにおける就職進路ガイダンスの実施
・学園祭等における文化事業として著名人、企業家等への講演依頼
・IT先端企業及び学生とのマッチングセミナー開催
・クラブ活動全国大会入賞クラブの支援
・海外からの留学生、成績優秀者への表彰 
・学生ベンチャーコンクール事業経費 など

 
・学生、教員の研究成果物の展示場所等の確保 
・オープンユニバーシティのU-club会員へのPR
・U-club企業による学生のインターンシップ受入の協力依頼
・Uクラブ会員と大学側との話し合いの場の機会を提供するなど

 
U-club設立趣旨に賛同する会員数の拡大によって、組織基盤の強化を図る。
・会員キャンパス交流ツアー
・企業経営者との情報交換会 など

 
U-clubに対する会員、学生及び企業等のニーズを把握する。
・メール、郵送等による会員等からの意見・要望の募集
・各地商工会議所、中小企業家同友会などに属する企業からU-clubへの要望把握及び情報提供など
*上記の各種事業について、大学と共同して実施できるものは、「共催事業等」として実施していく。